Tern rip

October 15, 2018

先日納車のTern rip Matt Blackのご紹介です。

 

もしかするとTernと言えばこのモデルを一番に思い浮かぶかもしれませんね。それぐらいアシンメトリーで特徴的なエアロフレームは、Ternの代名詞的存在になっていると思います。

 

一見特徴的なフレームや派手さが目立ちますが、Ternならではの利便性や機能性も備わっています。

 

フロントはシングルでリアはClaris8スピード搭載。

クロスバイクにはまだまだ少ないですが、インターナルケーブルを採用。インターナルを採用することでよりripの造形美が際立ちます。

足回りはややディープリム気味のホイールに25Ⅽのタイヤを装着、Clarisと合わせてフラットバーロードの装いも。

画像はサイズ540の700Ⅽですが、500と460は650Ⅽとなります。

 

ripの特徴としては3サイズ全てホリゾンタルを維持し、シルエットの美しさを保っているところは嬉しいポイントです。

同じクロスバイクのClutchよりも1サイズ少ないですが、それでも460は150cmの方から乗車可能なので女性や小柄な方でも充分乗って頂けます。

 

また標準は街中での小回りやストップ&ゴーが多い場面でも乗りやすいライザーバーを使用。

フロントがシングルなのでブルホーンやドロップハンドルへのカスタムのしやすさもポイントですね。

2019年は他にSilk PolishとWhiteがございます。(Silk Polishは値段が上がります)

標準的なクロスバイクに比べて8万円超えてくるので少し高い印象ですが、それに見合うだけのスペックは持ち合わせていると思います。

 

特徴的なビジュアルにとどまらず利便性や機能性を兼ね備えたrip、他と差をつけるなら間違いのないモデルですので是非ご検討ください!

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

特集記事

統合・引っ越しのご案内

February 25, 2019

1/3
Please reload

最新記事

March 3, 2019